たんぽぽトップページ 運営の方針 療育相談 児童発達支援 個別療育 個別療育
保育所等訪問支援 障害時等医療支援事業 利用について たんぽぽ日記 流行病 季節の遊び 交通アクセス




集団生活で、ほかの子どもにうつさないためだけではなく、子どもさん自身、他の病気を併発しないためにも、決められた期間はしっかり休まなければならない病気です。

また大人もかかる可能性があり、重症化するおそれがあるので、免疫のない人は子どもさん同様、予防接種などが必要です。


 
病名 主な症状 出席停止期間
インフルエンザ 発熱・全身倦怠・筋肉痛・鼻カタル・咽頭痛・咳 発症後5日経過、かつ解熱後3日経過するまで
百日咳 発作性咳嗽の長期反復、持続 特有の咳が消失する迄
はしか
(麻疹)
上気道のカタル・発熱・粘膜疹コブリック斑 解熱した後3日を経過する迄
発疹が消える迄
小児麻痺
(ポリオ)
発熱・頭痛・嘔吐・筋肉痛 急性期の主要症状が消退する迄
ウイルス性肝炎 発熱・だるさ・肝機能の悪化 主要症状が消退する迄
おたふく風邪
(流行性耳下腺炎)
耳下腺、舌下腺、顎下腺の腫脹及び圧痛・発熱 耳下腺の腫れが消失する迄
三日はしか
(風疹)
種々の発疹・軽熱・リンパ腺腫大 発疹が消失する迄
水ぼうそう
(水痘)
軽熱・被覆部の発疹
(斑点丘疹状→水痘→顆粒状痂皮)
全ての発疹が痂皮(かさぶた)になる迄
プール熱
(咽頭結膜熱)
発熱・全体症状・咽頭炎と結膜炎の合併症 主要症状が消退した後2日を経過する迄
流行性角結膜炎 軽熱・頭痛・全身倦怠・結膜の炎症・眼瞼浮腫・目やに 主治医が登園を認めたとき
急性出血性結膜炎 流涙・結膜充血・眼瞼浮腫・滲出液 主治医が登園を認めたとき
ヘルパンギーナ 高熱・喉痛・倦怠・食欲減退 主治医が登園を認めたとき
手足口病 感冒様症状・手足口に赤斑→水疱 主治医が登園を認めたとき
りんご病
(伝染性紅斑)
顔面赤斑・特に頬部の赤斑性発疹 主治医が登園を認めたとき
溶連菌感染症 発熱・咽頭痛・扁桃腺炎・苺舌・頚部リンパ節炎・皮膚発疹 主治医が登園を認めたとき
乳児嘔吐下痢症
(ロタウイルスによるもの)
激しい嘔吐、下痢・発熱・白色便 主な症状が殆ど消失し、主治医が登園を認めたとき
感染性胃腸炎
(小型休憩ウイルス・SRSV)
嘔吐・下痢
マイコプラズマ肺炎
(うつる肺炎)
たんが絡んだ湿った咳・4日以上の高熱
突発性発疹 高熱の後、腹部中心に発疹
ヘルペス性菌肉口内炎
(単純ヘルペス感染症)
歯肉腫れ・口中が赤くなり、高熱
とびひ
(伝染性膿痂疹・皮膚科膿症)
主として豆粒大の水疱出現・自覚症状あまりなし 他人への感染の恐れがないと医師が認めたとき
水いぼ
(伝染性軟属種)
胸、腹、わきの下などに栗粒大のいぼ
結核 微熱、咳、痰、血痰、発汗、呼吸困難、体重減少、食欲不振など 主治医が認めたとき
髄膜炎菌性髄膜炎 頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状、乳児では大泉門膨隆 主治医が認めたとき
O-157 下痢と腹痛で発熱、嘔吐、血便、かぜ症状 主治医が認めたとき


悩みのホットライン



〒671-1102  
姫路市広畑区蒲田383-3
TEL 079-238-1551
FAX 079-238-1889
Mail aimu@aimu-wel.or.jp

Copyright 社会福祉法人 あいむ All rights reserved.